2011年08月01日

【青空劇場】 放送作家を目指してるけど将来が不安、どうしたらいい?

   
青空劇場   
  
クリエイティブを取り巻く悩みに、
我らが兄貴 グラフィックデザイナーの吉澤 泰治さんが答えてくれます。




二階堂:こんにちは!
フリーイラストレーターの二階堂ちはるです。

今回も、青空劇場にお悩みが寄せられているので、
吉澤さんに解決していただきたいと思います。

吉澤:こんにちはー、吉澤です。
今日で3回目ですね。夏になりました。

二階堂:今日は、涼しいですね。

吉澤:涼しいですね。楽です。
お願いします。

二階堂:はい、では早速。
     
    
青空劇場3(1).JPG


■ 今日のお悩み--------------------------------------------------------------------

ホンキートンク さん(29歳) アルバイト兼専門学生の方からです。

ぼくは、地元の栃木で正規社員としてずっと働いてきましたが、
長年の夢である「放送作家」を目指して、一念発起して、この歳になってその職を辞め、
今は、上京しアルバイトをしながら放送関係の専門学校に通っています。

けれど、実際の心境は不安と将来への心配でいっぱいです。

気弱なことで、情けないのですが、
どのようにこの気持ちを克服していけばよいかアドバイスいただけないでしょうか…?

それと、今後、放送作家になるために、どのように動いていけばいいか、
まったくわかりません。

ぼくは、具体的にどうアクションをとっていけばいいのでしょう…?

どうかご助言をよろしくお願いします。
----------------------------------------------------------------------------------

吉澤:はい。
まずひとつめで、放送作家になるにはどうしたらいいか…
僕、専門外なんで、はっきり言ってわかりません。

ただ、今、不安なんだということですけど、
専門学校に行って勉強している最中なんで、不安はあって当たり前で、

それは、年齢的なものの不安ってこともかなりあるんだと思うんですけど、
年齢のことを考えて焦ってしまわずに、とにかく今やれることを考えてきちっとやって、
将来に繋げていくってことだけを考えて動いていった方がいいと思います。

そのなかで、きっと、いろんなことに首を突っ込んでいって、
いろんなことを学ぶことによって、恐らく何かが見えてきて、
何かのきっかけで、いろんなところにアプローチができる機会ができると思うんで。

とにかく今、やれることを一生懸命、
前向きにやっていくってことが大事じゃないかなって思います。

どうでしょう?
   
青空劇場3(2).JPG
   
二階堂:放送作家って聞くと、私はなんかラジオのイメージがあるんです。

吉澤:ほー

二階堂:で、よく、葉書職人からラジオの作家さんになったって話しを聞いたりするので、
もちろん確実に保証のある道ではないかも知れないけど、そういう腕試し的なことにも、
どんどん首を突っ込んでいくようなノリでやっていくのもいいかなって思いますね。

吉澤:そうですね。それいいですねー
とにかく、作家、これは放送作家に限らず、作家ってカテゴリであれば、
自分で物語を作っていく。そして、それをどんどん溜めて、
作品として残していくことがやっていくべきことでしょうね。

とにかく、やれることをやるって姿勢で
いろんなことに積極的に首を突っ込みながら、
切り開いていくつもりで取り組み続けてほしいってことしかアドバイスできないですね。

二階堂:はい。私も、とにかく、なんでもいいから、
どんどん手を出してみるような積極性を持つよう心がけることが大事だと思います。

ホンキートンクさん、どうでしょうアドバイスになりましたでしょうか?

まだまだ、こちらのコーナーでは、みなさまからのお悩みをお待ちしてますので、
どしどしお寄せください。よろしくお願いします。

それでは、さようならー

吉澤:さようならー
   
青空劇場3(3).JPG   
   
   
   
[今回のロケ地] 四谷ひろば (ピカリ・アートテラスの会場)
http://t-elegan.jp/pikali.html
   
   
   
   
★「青空劇場」のコーナーでは、
クリエイティブなことに取り組むみなさんのお悩み相談にお答えしていきます。

内容は、どんなことでも自由です。
(但し、編集部で選び、すべてのご相談にお答えできる訳ではありませんのでご了承ください。)

今回登場の皆から愛されるグラフィックデザイナー 吉澤 泰治さんの他に、
神田でバーを開いて五十数年 御年90歳のママ 菅原 婦貴さん(自称:不良ばあさん)などの、
頼もしい人生の達人の方々があなたのお悩みに親身になって答えてくださいます。

これで、あなたのお悩みもスッキリ晴れて、
青空のような清々しい気持ちになれることうけあいです。

下記メールアドレスまで、お気軽にお寄せください。
junk.ha.web@gmail.com
   

   
   
   
posted by ジャンク派 at 11:26 | Comment(29) | 【青空劇場】

2011年06月01日

【青空劇場】やりたいことや夢が見つからない・・・


http://www.youtube.com/watch?v=EpzNVdLSl-k
   
   
クリエイティブを取り巻く悩みに、
我らが兄貴 グラフィックデザイナーの吉澤 泰治さんが答えてくれます。


◎今回寄せられたお悩み

埼玉県 草加市在住 はなはなさん(21歳・大学生)

「ジャンク派を見てると、みなさんやりたいことや夢を持ってて、
一生懸命になれて、ほんとうらやましいです。

わたしは、恥ずかしながら、まだ、やりたいことが見つかっていません。

何かに打ち込んでる人を見ると素敵だなぁとは思うのですが、
何にもない自分のことを振り返って、ますます自信をなくしてしまいます。

わたしは、どうしたらいいのでしょうか・・・
アドバイスお願いします。」


[今回のロケ地] 四谷ひろば (ピカリ・アートテラスの会場)
http://t-elegan.jp/pikali.html


吉澤泰治さん(グラフィックデザイナー)

デザイン事務所 スタジオ・ティースリー (studio tee three)代表
主に、書籍・雑誌のアートディレクション、エディトリアルデザインを中心に
数多くのプロジェクトをこなしている。

ふたりのお子さんの良きパパでもある。

ホームページ
http://www.geocities.jp/studiot3/



★「青空劇場」のコーナーでは、
クリエイティブなことに取り組むみなさんのお悩み相談にお答えしていきます。

内容は、どんなことでも自由です。
(但し、編集部で選び、すべてのご相談にお答えできる訳ではありませんのでご了承ください。)

今回登場の皆から愛されるグラフィックデザイナー 吉澤 泰治さんの他に、
神田でバーを開いて五十数年 御年90歳のママ 菅原 婦貴さん(自称:不良ばあさん)などの、
頼もしい人生の達人の方々があなたのお悩みに親身になって答えてくださいます。

これで、あなたのお悩みもスッキリ晴れて、
青空のような清々しい気持ちになれることうけあいです。

下記メールアドレスまで、お気軽にお寄せください。
junk.ha.web@gmail.com
   

   
   
   
posted by ジャンク派 at 20:27 | Comment(42) | 【青空劇場】